TOPページ突発性難聴の基礎知識>検査方法

病院で行われる様々なテスト方法について

病院での各種の検査結果から突発性難聴と診断されます。

よほどの緊急性ががない限り、近隣の耳鼻咽喉科を受診して、そこで患者さんの状態に応じた検査をしてもらう事になります。

ここでは、代表的な検査法である、局所検査・純音聴力検査・画像検査・血液検査についてご説明していきます。

どこの病院を受診してもこれらの全てを行うかどうかは、医師の判断によります。

医師の視診による局所検査

これは問診後に異常な所見がないか、医師の視診によりる耳周りや耳の孔の中である外耳道や鼓膜の穿孔や癒着 がないかなどを調べます。
また、神経症状として、顔面神経(顔の表情を動かす)や外転神経(目を動かす神経) 三叉神経など異常がないか調べるます。

突発性難聴は第Ⅷ脳神経( 内耳を支配する神経)のみの内耳性障害であるので、他の神経が侵されていないかもチェックします。

純音聴力は最も有用されるテスト方法で耳疾患には欠かせません。

最も重要な検査の一つが純音聴力で、気導および骨導からの聴力を確認する事により、診断はほとんど可能と言はれています。

発症後も定期的に純音聴力を調べることで難聴の程度や、その後の聴力の回復の程度なども容易に判定することが出来ます。
また、突発性難聴においては聴力の悪化は原則としてないとされますので、低下がみられる場合は別疾患の可能性もあります。

純音聴力の測定方法は、オージオグラムと呼ばれる機器で行い、耳に直接ヘッドホンのようなレシーバーをあて音を聞き分けるのが気導聴力で、耳の後ろの骨のデッパリあたりにあてて音を聞き分けるのが骨導聴力です。

気導聴力の低下だけなら伝音難聴が、骨導・気導ともに聴力がおちているなら感音難聴となります。

その他にはABR、ティンパノグラムなどがあります。

耳の聴力構造

レントゲンやCT

エックス線画像は突発性難聴の診断はできませんが、耳や首の骨の異常などが発見されることもあります。
また、精密検査が必要な場合には、CT・MRIなど画像診断が大切になってきます。

中には脳や脳血管などに重篤な症状(腫瘍など)が隠されている場合がありまので、その場合はMRI/CTなどの画像検査が力を発揮します。