TOPページ突発性難聴の治療方法>自律神経免疫療法

はじめに

私したちの体をコントロールする自律神経には交感神経と副交感神経からなり、ともに生命維持には欠かす事のできません。

交感神経はアドレナリンと呼ばれる神経伝達物質を主に分泌し血管を収縮させ脈拍をあげ、呼吸数を増やし、仕事やスポーツなど活動時に働きかけます。

一方の副交感神経は主にアセチルコリンを分泌しリラックスした時、食事や 睡眠時など、呼吸数を減らして消化をたすけます。

ともにバランスよく作用し、一方が優位になると、もう一方の働きは抑えられます。

もう一つ重要な働きには、白血球の数や働きも調整している点で、交感神経が優位になると、顆粒球は増えリンパ球が減少し、副交感神経が優位になると、その逆になります。

交感神経が過剰に作用すると顆粒球は増えリンパ球は減少します。

顆粒球は外界からの細菌などを退治する働きがあり、とても大切で欠かせないものなのですが、増えすぎると活性酸素による組織の破壊(胃潰瘍や十二指腸潰瘍など)を引き起こします。
また、副交感神経の働きが抑制 されますので、リンパ球が減少する事になり免疫力の低下を招きます。

自律神経系

新潟大学の安保先生と福田医師により考案された手法です。

この療法は、新潟大学の安保先生と福田医師により考案され、あらゆる病気は自律神経の乱れから発生し、多くはストレスなどによる交感神経が優位な状態で起こると考えられています。

交感神経が優位になるとアドレナリンの過剰分泌が生じ、毛細血管を収縮させることで、 酸素と栄養による各細胞の滋養だけでなく老廃物の回収も滞ってきます。

血流の障害は冷えを生じ、抵抗力が衰えることで、突発性難聴に罹ると考えられています。

そこで、知覚神経が密集している手先や頭部などを刺激する事で、自律神経に働きかけ、自ら備わった力で体内の崩れかけたバランスを一定に正常に導きます。

各人が本来より備わっている自然治癒力を引き出すことを目的にした方法が自律神経免疫療法です。

つまり、病気を治す力は、あくまでもその人個人の治癒力によるものなのです。

現代の医学は救命医療には効果を発揮していますが、慢性の経過をたどる病気については苦手です。

今現在では遺伝子異常の解析研究が盛んで、それはそれですばらしい事なのですが、肩こりや腰痛一つ治すことは出来ません。
また、慢性の経過をたどる病気はたくさんありますが、殆んど遺伝子の異常ではなく、その人のこれまでの肉体的・精神的ストレスや偏った考え、生活習慣などから生じていると考えるべきと思われます。

突発性難聴もその一つで、様々な原因説が指摘されていますが、やはり根本的には、その人のこれまでの考え、生活習慣 などにより自律神経のバランスが崩れしまったと考えるのが妥当と言えます。

自律神経免疫療法は、突発性難聴に対して病気の成り立ちに着目した療法であるといえます。

医師や歯科医師、鍼灸師などによる突発性難聴治療方法

医師や歯科医師などは、注射針や刺激の少ない磁器針などを使用し、手足・足先や頭部を中心に刺激していきます。

日本自立神経免疫研究会の発祥当初は、手先・足先が中心でしたが、各先生方の臨床数が増えていくにつて、手足だけでなく、頭部から全身にかけて治療を施すようになっています。
また、注射針での刺激は痛みと出血を生じるため、痛みの少ない針を使用される方も多くなってきています。
但し、注射針での刺激が知覚神経に対する効果が大きいと考えられる先生方もいらっしゃいます。

鍼灸師の場合は、鍼灸治療で針を使い慣れていますので、単に手先だけでなく、気の流れを考えて適切なツボを使用したりもしています。

医師や歯科医師・鍼灸師以外の臨床家の先生方は、注射針や鍼は使用することができませんおで、電子針や磁器針など、出血しないものを使用して突発性難聴の治療にあたられることになります。

自宅での治療

突発性難聴の場合は急性疾患でありますので、病院における治療と平行して、ご自宅で自律神経免疫療法を実践してください。

その方法は簡単で、少し鋭利なもの、例えばボールペンの先などで手先と足先の爪の生え際を数回刺激します。

気をつけなければならないのは、決して出血するほど強くしてはならないと言うことです。

一日、一回でもいいですので、薬指を外してそれ以外の指は全て行い、特に小指は自律神経を調整する作用にすぐれていますので重点的に行いましょう。