TOPページ>突発性難聴の治療方法

鍼灸治療は、病院以外では突発的に生じる難聴にたいして第一選択となってきています。東洋医学の鍼灸が広く浸透してきた背景には、この病気の患者数の増加も一因だけでなく、副作用の殆んどない安全な手法である点が上げられます。

今後も鍼灸を希望される患者さんは増えてくると予測できますのでエビデンスを中心に解説していきます。

手技療法であるマッサージを継続すれば必ず難聴が治るとは言えませんが、少しでも治癒力を上げるために、地道に継続するのも一つのリハビリテーションと言えます。

一般的な治療は保険医療の機関でないと出来ませんが、耳周りのマッサージなら気軽に行えます。

実際に治療するために使われるツボをご紹介します。自宅でツボを刺激し継続するする事で、その有効性は高くなります。

お薬の処方や鍼による施術は、資格がないと出来ませんがツボ刺激ならだれもが簡単に、今日からでも出来ます

その方法や刺激部位についてイラストを交えて解説しています。

あらゆる難知性の疾患に取り入れられているのが、近年注目されている自律神経免疫療法です。

当初は、医師を中心に難知性疾患の治療にあたっておりましたが針灸師や治療家も自律神経免疫療法を行っています。

この療法のベースは安保・福田理論と呼ばれる東洋医学をベースにした手法です。

漢方薬は東洋医学がベースにあります。

漢方療法では証と呼ばれるもので、証は個別診断の指針であります。証により、各々の体質や状態に応じた漢方薬が処方されます。

西洋医学では、最新設備の検査に基にした画一的な面も否めませんが、漢方では、その人個人に対する医療でもあります。